Linux Lite 5.4 リリース! 〜Ubuntu 20.04.2ベースとなってレビジョンアップ・・


スタイリッシュ&高機能・軽快Linux Liteが、Ubuntu 20.04.2ベースとなってレビジョンアップしました。linux Lite 5.4・・今回は、本ブログでも紹介したLinux Lite 5.0との設定上の差分を中心に投稿します。実は、Ubuntu 20.04.1ベースのLinux Lite 5.2が既にリリースされていましたが、Lite 5.0の設定内容で概ねいけちゃうため、これはスキップ。そして、今月Lite 5.4がリリースされましたので、取り上げる事にした次第。とはいうものの、Lite 5.0の投稿記事の設定内容は概ねそのまま利用できます。具体的には、インストール→初期設定→日本語化残処理の設定内容は、全く同じです(日本語input methodに関してはfcitx-mozcに切り替えられます)。ここまでの設定内容に関しては、以下本ブログ投稿記事を参照ください。

Linux Lite 5.0 "Emerald"


1.概要

1)ベース:Ubuntu 20.04.2

2)デスクトップ環境:Xfce 4.14

3)カーネル:5.4.0-70-generic


Meltdown/spectre HW脆弱性緩和策対応度は・・・
問題の無いレベルとなっています。

2.基本設定

インストール→初期設定→日本語化残処理までの設定内容に関しては、Lite 5.0の投稿記事の内容と全く同じです。基本設定以降が異なります。

1)Lite Widget

Lite Widgetは、Linux Lite用Conky themeであり、この表示のためには、スタートアップコマンドをOnにする必要がありましたが、Lite 5.4では、設定マネージャー→Lite Widget→"Enable Lite Widget"を選択する事により表示されます。


表示されるConkyテーマを拡大したものが以下となりますが・・


年月日の表示箇所が欧米風の並びとなっており見苦しくなっています。これを収拾するためには、Lite 5.0の設定内容のようにスタートアップコマンドを英語モードで起動するように作り直すという方法もありますが、今回はConkyテーマを直接書き換えてみます。
LiteのConkyテーマは以下に存在します。

/etc/conky-lite/widget

ターミナルを起動し、以下コマンドを投入します。

→sudo mousepad /etc/conky-lite/widget
上記のように112行目を修正し、保存すれば、下記のように年月日の表示が修正されます。

2)Firewall

Lite 5.0では、コマンドにより、Firewallをenableしましたが、Lite 5.4では設定マネージャー→Firewall Config→Enable Firewallを選択する事により、Firewallをenableにします。


Firewallをenabaleにすると、LiteのConky themeのFirewall status表示箇所も"enabled"に変わります。

他、デフォルトフォントの変更や、login画面のパネルに表示される年月日時表示変更は、Lite 5.0の設定内容と同じとなります。

3)ソフトウェアインストールに関して(LIte Software,snap,flatpak)

Liteのソフトウェアインストールは、SynapticとLite Softwareを使用して行いますが、snapに関しては、Mint同様、デフォルトでは設定されていません。Lite Softwareでは、Google chrome、Teams、Zoom等、幅広いソフトウエアをインストール可能です。


このためあまりsnapの必要性は感じませんが、pre-installされるFirefoxや、Thunderbirdは概ね最新版に追従しているもののLibreofficeは、バージョン6であり、古さを感じてしまいます。pre-installされるソフトウエアを最新版に引き上げる目的でsnapを使用する・・という考え方もありますが、snapでインストールしたアプリケーションは相変わらず起動に時間がかかるため、ここでもやはりflatpakをインストールして使用する事にします。

オプション)flatpakの設定

最新のflatpakをインストールするためPPA設定を行った上で、flatpakをインストールします。flatpakではChromiumもインストール可能となっていますが、古いflatpakではインストールできないためです。また最新のflatpakを使用した場合、fcitx-mozcによる日本語入力上の問題も発生する事が少なくなります。

ターミナルを起動し以下コマンドを順次投入します。

sudo add-apt-repository ppa:alexlarsson/flatpak
sudo apt update
sudo apt install flatpak
flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo

以上で、flatpakが利用可能となります。flatpakでインストールしたlibreofficeバージョン7上での日本語入力も問題は発生しません。

3.評価

軽快性:A、インストール→初期設定→日本語化残処理→基本設定の平易性:A-、安定性:A、機能性:A

といったところでしょうか。Firewallや、Lite Widgetの設定周りは楽になりましたので、インストール〜基本設定の平易性はB+からA-に格上げです。ただどうしても日本語化残処理は、language supportによって行う・・といった所が変わりませんので、language supportの処理がなくても日本語化残処理が完了している他のUbuntuベースと比較すると、Aにはできないかな・・とうのが本音。ただこのあたり決まりきった処理の流れとなるため、難しい・・という事はありません。

比較対象は、Mintになる事が多いわけですが、味付けが異なるものの、機能面では大きな差はありません。一部ホームフォルダー名を英語のままにしていないと動作しない機能がある(Lite Desktop等)といった注意事項はるものの、搭載機能は、通常使用においては十分です。操作性/軽快性/安定性ともに◎のため、Ubuntu 20.04 LTSベースの中では、Mintと並び筆者一押し・・オススメの1本となります。

注意)冒頭及び以下のスクリーンショットは、筆者がカスタマイズした後のものとなりますので、Lite 5.4のデフォルトデスクトップとは異なります。この点注意願います。




コメント