Kubuntu 19.04 "Disco Dingo" 〜初心者に優しい軽快・最新KDE Plasma 5 デスクトップ環境を試す!

2019年4月25日木曜日

KDE Kubuntu ubuntu base 軽快

ここ2回ほど、linuxのベースを変え、KDE Plasma 5 デスクトップ環境を取り上げました。
そのとりを飾って今回は、Ubuntu 19.04フレーバー Kubuntu19.04 "Disco Dingo"を取り上げます。

KDE Connectもpre-installされており、androidスマートフォンとの連携も可能・・KDE Plasmaバージョンも5.15.4・・最新版を搭載。login直後の消費メモリは、470MB程度。前2回に渡って投稿したKDE Plasma Desktopと同様、メモリ消費量としては極めて優秀です。

ただ今回は触れませんが、Kubuntu 18.04.2と比較し、ショートカットの定義方法は随分変わってきていますので注意が必要です。

さて、Kubuntu 19.04の出来は・・早速、投稿を進めていきます。


1.概要

1)ベース:Ubuntu 19.04 "Disco Dingo"

2)KDE Plasmaバージョン:5.15.4/カーネル:5.0.0-13  

Meltdown/Spectre HW脆弱性緩和策適用度は、Ubuntu 19.04と同じ・・という事で、結果は無論問題はありません。今回は概要だけを。。

2.インストール

インストールは簡単ですのでスクリーンショットのみを。。ただし、ブートローダー、本体のインストール先は環境依存ですので参考にはなりません。

インストールイメージを使ってブート直後に表示される画面で、”日本語”を選択。。
 一旦、これでブート後、インストーラーをキックする流れとしています。

3.初期設定、日本語化残処理、基本設定

Kubuntu 19.04は日本語指定でインストールすれば、何もする事なくメニュー等の日本語化、日本語Input method(fcitx-mozc)の導入・設定が完了します。

また、repositoryも日本国内のrepositoryにセットされますので、この箇所も変更の必要性はありません。

インストール直後の状態で普通に使用できる環境となります。

4.評価

 軽快性:A-、インストール・初期設定・日本語化残処理の平易性:A+、安定性:A、機能性:A

評価にも出ましたが、やはり、現在のところバランスが最も取れた抜群のKDE Plasma 5 デスクトップ環境となります(Bluestar、Netrunnerと比べると最も軽快に動作します)。筆者は加えて、仮想デスクトップの設定、latteドックの導入・設定、テーマのダウンロード・インストール・設定、ウィジェットのダウンロード(インストール)&設定等を実施して冒頭のようなデスクトップを完成しています。

日本語指定でインストールするだけで使用に耐えうる環境ができあがりますので、KDE+linux初心者であっても割に労なくインストール&使えるLinux distributionとなります(ただしサポート期間は9ヶ月ですので、Kubuntu 18.04.2 LTSを使用中の場合はインストールする必要はありません)。

初心者にも優しい、筆者一押し、おすすめの一本となります!。