Windows 10 May 2019 Update ~新機能:一回こっきりの実験場・・Windows sandbox!

2019年5月24日金曜日

others Windows10

今回のWindows 10 May 2019 Updateの機能拡張の中で、Windows sandboxというのがあります。

本機能は、10 ProあるいはEnterpriseのみで使用可能ですが、いわゆるsandbox環境ですので、その場限りのセッションとなり、セッション終了後は、跡形もなく消え去る環境となります。

利点は、ネット等から持ってきたツールやアプリケーション等を実環境に影響を与える事なく実験的に動作させる事ができる所です。ツールやアプリケーションによって加えられたシステム変更も、実環境に対して全く影響を与えないため、ネット等からダウンロード等したアプリケーションやツール群をここで試してから実環境で使用できる点は、有用性が高いものと思います。
一度限りのセッションですので、インストール後再起動を要するアプリケーション、ツールはこの環境ではテストできません。さらにハードウエア的に・・すなわちBIOSレベルでの仮想化を実現できるAMD64アーキテクチャが必要であり、前述したように使用できるWindows10タイプはProとEnterpriseに限られます。

このWindows sandboxは、Windows 10 May 2019 Updateにアップグレード後、”無効”に設定されており、使用するためには有効化する必要があります。

今回は、この有効化の手順について簡単に記載していきます。BIOS設定上、仮想化はenableになっているものとして投稿を進めていきます。


1.Windows sandboxを有効化する

パネルの検索Boxで”Windowsの機能の有効化または無効化”を入れて検索し、検索結果を選択・実行します。

次に以下のようにWindowsサンドボックスのチェック欄にチェックをいれOKボタンを押下します。
 ↓
以上で再起動するとWindows sandbox機能が追加され、使用できるようになります。

2.Windows sadboxを起動する

これもパネルの検索ボックスに”Windows Sandbox"と入力して検索すると、検索結果に出てきますので、これを選択・実行するだけです。
意外に軽いですね。これは。ただHWとOSタイプを選びますので、使える環境は限られます。また、メモリーも少なくとも8G程度は積んでおいた置いた方が無難ではないかと思います。

1回こっきりの実験環境ですので、怪しいアプリや、ツール群を動作させてみて挙動を観察し、危なければ、実環境に導入しないっていう使い方が一般的ではないかと。興味があるようでしたらお試しあれ・・。。